☆800円

一口にに焼酎と言っても、その味の広がりは千差万別。さまざまな表情を見せてくれる、蔵元のこだわり焼酎をいくつかピックアップしてみました。是非一度、気になる焼酎を飲み比べてみてはいかがですか?

[1]〜[3]のお勧めの中からそれぞれ1杯ずつ、合計3杯お選びいただけます。

※銘柄は定期的に変わります。下記はその一例です。

☆おすすめ [1]



佐藤 黒
(芋)
口当たりがよく、サツマイモの柔らかな香りと花のような甘みが口いっぱいに広がります。繊細な舌触りが素晴らしい、幅広い層に受け入れられる逸品です。



萬膳
(芋)
ピリッと刺激を感じる一口目のあとに広がる、ふくよかでやわらかい優雅な芳香と甘みが特徴です。ちなみに「萬膳」という名前はすべての食を潤すようにと願って命名されました。



川越
(芋)
朝掘った新鮮なコガネセンガンをその日の内に処理し、83もの行程をご夫婦2人だけで丹念に丹念に醸されたかめ仕込み焼酎の逸品。まろやかな口当たりは他に類を見ません。

瑞泉
(泡盛)
蔵元独自の「黒麹」が醸し出すほのかな甘みが、泡盛本来のうまみを際立たせます。首里の蔵元であることから、琉球王国の象徴、首里城の瑞泉門から命名されました。



☆おすすめ [2]



くじら
(芋)
芋焼酎の要素を全て満たしながらも大変飲みやすく、やわらかく華やかな香りと口当たりが楽しめます。「鯨」の名にふさわしい、雄大かつ繊細な逸品です。



心水
(芋)
やわらかな、それでいてふくよかな芋焼酎特有のやや甘みを帯びた香りが特徴です。しっかりした厚味のある旨味が、とろりとした円やかな味わいとなって広がります。



相良兵六
(芋)
滑らかなビロードのような口当たりと上品な甘味が特徴です。とろけるような旨みと、優しくふくよかな味わいがお楽しみいただけます。

豊永蔵
(米)
自然農法で造られる地元産の無農薬米を原料に、球磨川の伏流水で仕込んだ、安全と安心に拘ったオーガニックな米焼酎です。口に含むとほのかな吟醸香と上品で柔らかな味が広がります。



☆おすすめ [3]



十割
(そば)
原料をそば120%にこだわった本格焼酎で、そば本来の爽やかな香りとほのかな甘みのある味わいが楽しめます。また、濃醇な常圧蒸留原酒と口当たりの良い減圧蒸留原酒をブレンドして、どなたにも飲みやすい味わいに仕上げています。



大正の一滴
(芋)
大正時代に呑まれていたとされる「老麹造り」の芋焼酎を再現しました。老麹を使用したこの逸品は、ずっしりとした濃い味わいが特徴で、通の方にもおすすめです。



山せみ
(米)
米焼酎の原料となる厳選された地元米ヒノヒカリの特徴を最大限に引き出し、独自の酵母菌を用い、徹底した手造りと常圧蒸留にこだわって造り上げた至極の米焼酎です。

唐変木
(麦)
フルーティで軽快な香りと深いコクが特徴です。炭素濾過をしない「無濾過製法」で熟成させ、旨み成分を変化させることにより甘みが一段と際立ち、麦本来のおいしさが味わえる秀作です。



(C)COPYRIGHT 2006 DAIDAI ALL RIGHT RESERVED